メリー・ベーカー・エディ

メリー・ベーカー・エディ(1821-1910)は、自らを、科学、神学、医学の学問分野を包含する霊的な開拓者であると考えていました。

Mary Baker Eddy

子供の頃から聖書を学んいた彼女は、1866年に致命的とされた事故にあったとき、聖書が記すイエスが行った癒しの話を読んで、劇的な回復を経験しました。この決定的な瞬間以来、彼女は自分がどうして癒されたのか理解しようと励みました。彼女は聖書に戻り、答えを求めて祈りました。そして、霊的な癒しは、の神性の法則に基づくということが彼女に明白になりました、また、これらの法則は、誰でも、人間のどんな苦しみにも、また罪にも、適用して癒すことができることが、彼女に明白になってきました。

この観点に立つと、霊的な癒しは奇跡ではありませんでした、それはの全能と愛を理解した結果であり、そしてこれは聖書の時代と同様に、今日でも真実であり、証明できるものなのです。それからの40年間を、メリー・ベーカー・エディは、このキリスト教の癒しの科学を実践し、教え、人々と分かち合うことに捧げました。

彼女がキリストによる癒し手として知られるようになると、彼女はしばしば、医師が諦めてしまっていた病人のもとに呼ばれ、癒しを求められました。あるとき、彼女は、かかっていた著名な医師が肺炎で死に近い状態にあると断定した患者の病床に呼ばれました。彼女は次のように書いています:「私が彼女を、物資的な薬を使わずに、即座に回復させたのを見て、彼は、非常に熱心に、私が自分の癒しの方法を説明する文書はないかと尋ねました… 彼は、形而上学で直す私の方法を世界に説明する本を、直ちに書くようにと強く勧めました」(The First Church of Christ, Scientist, and Miscellany 『第一科学者キリスト教会と文集』、p. 105)。

彼女は、当時すでにメモを書き留めていましたが、それが後に拡大されて彼女の主著、『科学と健康ー付聖書の鍵』となりました。そしてこの本は、キリスト教科学について、また、その霊的癒しが聖書に基づくものであることについて、十分に説明しています。それから1世紀以上にわたり、この本の読者たちは、この本を読み、学ぶことによって、聖書を霊的に理解し、そして、自分がと不変の関係にあることを知ったことを語っています。そして、これらの新しい洞察が、体の癒しをもたらし、また人生を新たにするような道徳的再生をもたらして、人々の人生を新たにしているのです。

メリー・ベーカー・エディは、科学者キリスト教会を設立しました、そしてそれを、キリスト教の一宗派とし、また、霊的癒し手の世界的運動としました。その後、彼女は、さらに新しい著書を15冊出版し、また幾つかの週刊誌や月刊誌を創刊しました ー それらは、(『キリスト教科学さきがけ』)、 The Christian Science Journal(ザ・クリスチャン・サイエンス・ジャーナル)、Christian Science Sentinel(クリスチャン・サイエンス・センチネル)などです。これらは、キリスト教科学の実践についての記事や、検証された癒しの証しを掲載しています。1908年に、87才のとき、彼女は、The Christian Science Monitor (ザ・クリスチャン・サイエンス・モニター)を発刊しました。この世界的な新聞は、世界のニュースを、バランスのとれた、思いやりのある取り扱いで伝え、進歩と展望と同時に、苦しみや紛争に対処する人類の必要を敏感に察知しています。この新聞は「誰をも傷つけることなく、全人類に恵をもたらす」(The First Church of Christ, Scientist, and Miscellany 『第一科学者キリスト教会と文集』、p. 353)ために設立されました。Monitor (モニター)は、ウェブサイトで英文の日刊インターネット販、また、週刊の印刷販を刊行しています。また、その報道や解説を、記事、図表、オーディオやビデオで配信しています。

聖書や『科学と健康』、またメリー・ベーカー・エディの他の著作を、地元のキリスト教科学読書室、あるいはインターネットで購入することができます。彼女の生涯について、また彼女の世界への貢献について、MaryBakerEddyLibrary.org (メリー・ベーカー・エディ図書館)(英語とフランス語)で、見出してください。