癒しの経験

科学と健康ー付聖書の鍵』の中で、メリー・ベーカー・エディは、イエスは「“キリストによる癒し”の霊的な基盤の上(に彼の教会を 築き、そして) 彼の使命を守り通した」(p. 136)と書いています。このキリストによる癒しの体系を実践することにより、過去一世紀以上にわたって、多くの顕著な身体的、また心的な癒しの結果がもたらされてきました。キリスト教科学において、祈りの力は、信仰のうちばかりにあるのではなく、の神性の法則をより深く理解することにあって、これらの法則は全人類を包み抱いています。この理解が、人の心に触れ、心を変えているのです。の現存と愛がより現実のものとなり、より身近かに感じられるものとなると、癒しや再生が自然に起こることを、多くの人が経験しています。

幾千という検証された癒しが、多言語で出版されている『キリスト教科学さきがけ』で、またThe Christian Science Journal、ザ・クリスチャン・サイエンス・ジャーナル、ならびにChristian Science Sentinel、クリスチャン・サイエンス・センチネルで、お読みください。

あるいは、お近くの(キリスト教科学の)教会で開かれている水曜の証しの会に参加したり、インターネット(英語のみ)で、人々が、キリスト教科学の祈りを通して、あるいはその勉強によって、どのように癒しを経験しているか語るのを、お聞きください。

そしてまた、いつでも、キリスト教科学実践士に連絡して、身体的、精神的、経済的、あるいは人間関係など、さまざまの問題の解決のために、祈りによる助け請うことができます。