キリスト教科学とは何か?

キリスト教科学の発見者であり、創始者であるメリー・ベーカー・エディは、キリスト教科学を、「の法則、善の法則」(Rudimental Divine Science 『神性科学の基本』、p. 1)、と定義しました。キリスト教科学において、は無限のであると理解されています、そして、はまさに不変の善であるため、この事実を祈りを通してはっきりと垣間見るなら、誰をも、癒し、(その罪を)贖い、回復させる力があるのです。

幼い時から聖書を熱心に学んでいたメリー・ベーカー・エディは、人間の苦しみという絶えることのない疑問に対して、より深い答えを求めていました。1866年に致命的といわれる怪我をしたとき、心の底からに向かいました。イエスの速やかな、しかも力強い癒しの話を読んでいると、こそが、唯一の実在であるという、新しい感覚が彼女の心にあふれて、彼女は癒されました。この経験の背後にある原理を理解したいという思いに駆られて、聖書にその答えを求めて学び続け、その背後にあるの法則を見出し、それが彼女の教え、実践する、キリスト教科学の基盤となりました。

彼女の時代から、今日までの間に、多くの人が、このキリスト教の科学を通して、自分ととの関係を理解すると、健康が回復し、性格が変えられることを、見出しています。そして、そ の癒しの一つ一つが、私たちは皆どれほどに愛されているかを知り、他の人々もまた、それを経験できるように助けたいという、心からの願いに導くのです。

メリー・ベーカー・エディの主著である、キリスト教科学の教科書、『科学と健康ー付聖書の鍵』について、さらに詳しくお知りください。 

信念と教え

キリスト教科学の創始者、メリー・ベーカー・エディは、宗教的信条や信念ではなく、いくつかの短い教義を提示し、キリスト教科学の主要な点を要約しました。そして、それらは全て聖書に根ざしているのです。

もっと見る

聖書

聖書の創世記から黙示録にいたるまでのすべてが、キリスト教科学の神学と実践の基盤となっています。メリー・ベーカー・エディにとって、キリスト教科学は、聖書の霊感溢れる理解からほとばしり出たものでした。そしてその理解が、霊的癒しの背後にある神性の法則を照らし出したのでした。

もっと見る

メリー・ベーカー・エディ

メリー・ベーカー・エディは、自分は霊的開拓者であり、その仕事には、科学、神学、医学の学問的分野が包含されると考えていました。の法則は強力な霊的命令であり、常に現存し、人類に癒し、贖い、恵をもたらすために、常に働いていることを発見し、それ以来、彼女は、自分の生涯をこのキリスト教の癒しの科学を、実践し、教え、人々と分かち合うことに捧げました。

もっと見る

どうしたら、私は癒されるか

私たちの生活のどんな側面であれ、癒しを必要とすると感じたとき、私たちには何ができるでしょうか。聖書は、私たちに時を超えた霊的法則に基づく癒しの基準を与えています。誰でも、これらの霊的、科学的理念を学び、今日の問題に適用して、解決を見出し、の善意を証明することができます。

もっと見る