日曜学校

日曜学校は、何をするところですか?

生徒にとって、日曜学校は、霊性がどのように日々の生活に関係しているかを発見するところです ー 霊性がどのように日々の生活にぴったりと当てはまり、やりたいと思うことすべての中に顔を出して来るのを、発見するところです。それは、自分が完全に支えられていると感じる環境です。霊的真理を、自分の日々の経験にどのようにしたら適用できるか考えているときに、難しい質問を、同級生たちや先生に、ぶつけてみることができるところです。それは、あなたの生活、人生の中で持ち上がって来る問題について、意味ある答えを得るために、皆で一緒に考える機会です。

親にとって、それは、あなたのお子さんに、堅固な道徳的基盤を与えるところです ー 彼らが、自分とは何か、自分の価値は何か、自分の目的は何か、などの質問をすることを助けてくれる、霊的な枠組みです。生徒一人一人が、自分ととの関係を発見するために、愛をもって、敬意をもって、話し合うことを勇気づけられる環境です。

教師にとって、それは、あなたのキリスト教科学への愛 ー つまり霊的に考え、生きることが実際的であること ー この愛が、自分の生活、人生を超えて、地域社会の青少年をも包み込むところです。それは聖書の時間を超えた教えに、今日の思索者たちとともに、深く飛び込んで行くことです。それは、どんな状況にも適用できる霊的法則を、共に探索するところです。それは、すべての人に内在する癒し手を、養い育てるところです。

日曜学校では、何を教えているのですか?

それぞれの日曜学校のクラスが、生徒たちの必要を満たすように計画されて進められます。日曜学校のクラスはすべて、聖書に基盤をおいています、そして、メリー・ベーカー・エディの著書、『科学と健康ー付聖書の鍵』が、聖書にさらに深く入って行くことを助けてくれます。